いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

地震と原発 今からの危機 (神保・宮台マル激トーク・オン・デマンド)

著者:神保 哲生  宮台 真司  小出 裕章  河野 太郎  飯田 哲也  片田 敏孝  立石 雅昭 
出版社:扶桑社
単行本:256ページ
発売日:2011-06-10
分類: 災害  社会学概論 
キーワード: 地震  原発    危機 
評価 3.6   読者数 2.3
地震と原発 今からの危機 (神保・宮台マル激トーク・オン・デマンド)
       

<マイリスト>

<目次>

1 子どもたちの自主判断が津波から人々を救った―ハードで被害は防げない 釜石市の教訓
  • 自然を相手に本来「想定」などできない
  • 磐石なハードが「安心」というリスクを生む ほか
2 地震活動期に入った日本と「フクシマ再来」の危険性―確率8割の大地震に耐える「安全な原発」は可能か?
  • 原発を止められなかった責任を痛感する
  • 2000年頃から日本は「地震活動期」に入った ほか
3 あえて原発事故の「最悪シナリオ」と「冷静な対処法」を考える―漏れ続ける放射能と内部被曝のリスク
  • 「大丈夫」報道の裏で起きていたこと
  • 最悪のシナリオ「水蒸気爆発」とは ほか
4 数十兆円の税金をドブに捨てる与野党“原子力利権”の鉄壁―「核のゴミ」をどうするのか?
  • 議論するだけで「河野太郎は共産党だ」
  • 使い道がないプルトニウムが40トン ほか

<神保 哲生の本>

<宮台 真司の本>

<小出 裕章の本>

<河野 太郎の本>

<飯田 哲也の本>

<片田 敏孝の本>