いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

変調「日本の古典」講義  身体で読む伝統・教養・知性

著者:内田樹    安田登 
出版社:祥伝社
単行本(ソフトカバー):296ページ
発売日:2017-12-02
分類: 東洋思想  日本 
キーワード: 日本  古典  講義  身体  伝統  教養  知性 
評価 3.7   読者数 2.3
変調「日本の古典」講義  身体で読む伝統・教養・知性
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 身体で日本を読む―二重構造の日本文化
  • 滅びし者の物語 ほか
第2章 古典を身体で読み直す―論語、六芸、「うた」の力
  • 論語を身体で読む
  • 白川静と孔子 ほか
第3章 身体感覚で考える―中世の身体技法にあるヒント
  • 脳と身体
  • 中世の身体 ほか
第4章 教養を身体化する―日本人は何をもって日本人たることができるのか
  • 道徳と常識
  • 法家のリアリズム ほか
第5章 「共身体」を形成する―「個」を超えるために
  • 張良の沓
  • サインを感受するセンサー ほか

<内田樹  の本>

<安田登の本>