いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

日本の難点

著者:宮台 真司 
レーベル: 幻冬舎新書
出版社:幻冬舎
新書:286ページ
発売日:2009/04/01
価格:880円
分類: ノンフィクション  社会学概論  日本論 
キーワード: 日本 
評価 3.5   読者数 3.6
受賞:新書大賞9位 
日本の難点
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 人間関係はどうなるのか―コミュニケーション論・メディア論
  • 若者のコミュニケーションはフラット化したか
  • ケータイ小説的―コンテンツ消費はどのように変わったのか ほか
第2章 教育をどうするのか―若者論・教育論
  • 「いじめ」は本当に決してなくせないのか
  • 「ネットいじめ」「学校裏サイト」から子どもを守れるか ほか
第3章 「幸福」とは、どういうことなのか―幸福論
  • 「自分だけ幸せならそれでいい」のか
  • 自己決定論の現在―「宮台真司」の主張は以前と今で矛盾しているか ほか
第4章 アメリカはどうなっているのか―米国論
  • オバマ大統領の演説は一体どこがすごいのか
  • どうして、アメリカは大統領制なのか ほか
第5章 日本をどうするのか―日本論
  • 後期高齢者医療制度は現代の「うば捨て山」か
  • 裁判員制度―司法の民主化か、新しい動員体制か ほか

<新聞書評>

<宮台 真司の本>

<こちらの本も見られています>