いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

父として考える

著者:東 浩紀  宮台 真司 
レーベル: 生活人新書
出版社:NHK出版
新書:256ページ
発売日:2010-07-08
分類: ノンフィクション  社会一般  社会学概論 
キーワード:  
評価 3.6   読者数 3.1
父として考える
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 親子コミュニケーションのゆくえ―家族を考える
  • 時間感覚の変化
  • 宮崎アニメへの反応 ほか
第2章 子育てを支える環境―社会を考える
  • ロスジェネ系議論の問題点
  • 専業主婦願望の背景 ほか
第3章 均質化する学校空間―教育を考える
  • グループワークができない子どもたち
  • なぜ班活動は衰退したのか ほか
第4章 コネ階級社会の登場―民主主義を考える
  • 運命の出会いと必然性信仰
  • バックドア問題 ほか

<東 浩紀の本>

<宮台 真司の本>