いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

先生、どうか皆の前でほめないで下さい: いい子症候群の若者たち

著者:金間 大介 
出版社:東洋経済新報社
単行本:259ページ
発売日:2022/03/18
価格:1650円
分類: エントリーシート  マネジメント・人材管理  社会と文化 
キーワード: 先生        症候群  若者 
評価 3.7   読者数 2.8
先生、どうか皆の前でほめないで下さい: いい子症候群の若者たち
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 先生、どうか皆の前でほめないで下さい―目立ちたくない若者たち
第2章 成功した人もしない人も平等にして下さい―理想はどんなときでも均等分配
第3章 自分の提案が採用されるのが怖いです―自分で決められない若者たち
第4章 浮いたらどうしようといつも考えてます―保険に保険をかける人間関係
第5章 就職活動でも発揮されるいい子症候群―ひたすら安定を求めて
第6章 頼まれたら全然やるんですどけね―社会貢献へのゆがんだ憧れ
第7章 自分にはそんな能力はないので―どこまでも自分に自信のない若者たち
第8章 指示を待ってただけなんですけど―若者たちの間に広がる学歴社会志向とコネ志向
第9章 他人の足を引っ張る日本人―若者たちが育った社会
第10章 いい子症候群の若者たちへ―環境を変える、自分を変える

<新聞書評>