いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

子どもの頃から哲学者 ~世界一おもしろい、哲学を使った「絶望からの脱出」!

著者:苫野 一徳 
出版社:大和書房
単行本(ソフトカバー):224ページ
発売日:2016-05-25
分類: 思想  哲学  論文・評論・講演集 
キーワード: 子ども  哲学者  世界一  哲学  絶望  脱出 
評価 3.9   読者数 2.7
子どもの頃から哲学者 ~世界一おもしろい、哲学を使った「絶望からの脱出」!
       

<マイリスト>

<目次>

プロローグ―どうせ、だれも分かってくれない
第1章 教祖さまになる 承認欲望―ヘーゲル
第2章 哲学にぶっ飛ばされる 真理なんてない―デカルト、カント、フッサール
第3章 苫野発狂 至福―プラトン、ニーチェ、バタイユ
第4章 絶望の達人 絶望と希望―キルケゴール、ルソー
第5章 哲学の女神 普遍的モンダイ―相互了解と相互承認
第6章 哲学の使い方 欲望と承認―自由に生きる
エピローグ―苦悩先輩と呼ばれて

<苫野 一徳の本>