いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

カブラの冬―第一次世界大戦期ドイツの飢饉と民衆 (レクチャー第一次世界大戦を考える)

著者:藤原 辰史 
出版社:人文書院
単行本:151ページ
発売日:2011-01-01
価格:1620円
分類: ドイツ・オーストリア史  ヨーロッパ史一般 
キーワード:   世界  ドイツ  飢饉  民衆 
評価 3.7   読者数 2.2
カブラの冬―第一次世界大戦期ドイツの飢饉と民衆 (レクチャー第一次世界大戦を考える)
       

<マイリスト>

<目次>

はじめに 戦争と食糧
第1章 大国が飢える条件
第2章 食糧危機のなかの民衆と政府
第3章 日常生活の崩壊過程―「豚殺し」と「カブラの冬」
第4章 食糧暴動から革命へ
第5章 飢饉からナチズムへ
おわりに ドイツの飢饉の歴史的位置

<藤原 辰史の本>