いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

日本辺境論

著者:内田 樹 
レーベル: 新潮新書
出版社:新潮社
新書:255ページ
発売日:2009-11-01
分類: 思想  哲学 
キーワード: 日本 
評価 3.7   読者数 4.0
受賞:新書大賞1位 
日本辺境論
       

<マイリスト>

<目次>

1 日本人は辺境人である
  • 「大きな物語」が消えてしまった
  • 日本人はきょろきょろする ほか
2 辺境人の「学び」は効率がいい
  • 「アメリカの司馬遼太郎」
  • 君が代と日の丸の根拠 ほか
3 「機」の思想
  • どこか遠くにあるはずの叡智
  • 極楽でも地獄でもよい ほか
4 辺境人は日本語と共に
  • 「ぼく」がなぜこの本を書けなかったのか
  • 「もしもし」が伝わること ほか

<新聞書評>

<内田 樹の本>