いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

イスラム戦争 中東崩壊と欧米の敗北

著者:内藤 正典 
レーベル: 集英社新書
出版社:集英社
新書:256ページ
発売日:2015-01-16
価格:836円
分類: 外交・国際関係  政治入門  地理・地域研究  中近東  中東 
キーワード: 欧米  敗北 
評価 3.6   読者数 3.0
イスラム戦争 中東崩壊と欧米の敗北
       

<マイリスト>

<目次>

序章 中東で起きていること
  • イスラム国、中東における領域国民国家体制への挑戦
  • なぜトルコはイスラム国攻撃を避けるのか?
第1章 一六億人のムスリムを味方にするか、敵に回すか
  • 集団的自衛権のリスク
  • まちがいだらけのアメリカ中東政策 ほか
第2章 まちがいだらけのイスラム報道
  • 欧米報道のバイアス―「容疑者」とは何の容疑なのか
  • 報道に現れる差別意識 ほか
第3章 イスラム世界の堕落とイスラム国の衝撃
  • サイクス=ピコ協定体制の瓦解
  • イスラム国は何が目的なのか ほか
第4章 日本人にとってのイスラム
  • タリバンと鍋を囲んだ
  • 日本国憲法第九条の使い方 ほか

<内藤 正典の本>