いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

限界の現代史 イスラームが破壊する欺瞞の世界秩序

著者:内藤 正典 
レーベル: 集英社新書
出版社:集英社
新書:256ページ
発売日:2018/10/17
価格:946円
分類: 外交・国際関係  国際政治情勢  政治入門  中東 
キーワード: 限界  現代史  イスラーム  破壊  欺瞞  世界  秩序 
評価 4.1   読者数 2.1
限界の現代史 イスラームが破壊する欺瞞の世界秩序
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 限界のEU、啓蒙の限界
  • 「難民」に揺れるヨーロッパ社会
  • 難民か移民か、それが問題だ ほか
第2章 限界の国民国家
  • 地図からISは消えたけれど…
  • 「国民国家」は普遍的な概念なのか? ほか
第3章 限界の国連
  • シリア内戦が露呈した「国連の無力」
  • 国連が世界秩序であった時代は終わった ほか
第4章 限界を超えるためのパラダイムを求めて
  • 溶けてゆく国境線、難民というグローバリゼーション
  • 「峻別」することは、何の解決にもならない ほか
終章 帝国の狭間で
  • 帝国割拠についていけない「グローバル教育」
  • 難民を受け入れない国家・日本/外国人の労働力を使い捨てる日本 ほか

<内藤 正典の本>