いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

資本主義の終焉と歴史の危機

著者:水野 和夫 
レーベル: 集英社新書
出版社:集英社
新書:224ページ
発売日:2014-03-14
分類: 各国経済事情  国際経済と日本  投資・金融・会社経営 
キーワード: 資本主義  終焉  歴史  危機 
評価 3.9   読者数 3.7
受賞:新書大賞2位 
紹介:佐藤優 
資本主義の終焉と歴史の危機
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 資本主義の延命策でかえって苦しむアメリカ
  • 経済成長という信仰
  • 利子率の低下は資本主義の死の兆候 ほか
第2章 新興国の近代化がもたらすパラドックス
  • 先進国の利潤率低下が新興国に何をもたらしたのか
  • 先進国の過剰マネーと新興国の過剰設備 ほか
第3章 日本の未来をつくる脱成長モデル
  • 先の見えない転換期
  • 資本主義の矛盾をもっとも体現する日本 ほか
第4章 西欧の終焉
  • 欧州危機が告げる本当の危機とは?
  • 英米「資本」帝国と独仏「領土」帝国 ほか
第5章 資本主義はいかにして終わるのか
  • 資本主義の終焉
  • 近代の定員一五%ルール ほか

<新聞書評>

<ブログ等>

<水野 和夫の本>