いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

過剰な資本の末路と、大転換の未来: なぜ歴史は「矛盾」を重ねるのか

著者:水野 和夫 
出版社:徳間書店
単行本:233ページ
発売日:2016/06/21
価格:1870円
分類: 経済史 
キーワード: 過剰  資本  転換  未来  歴史  矛盾 
評価 3.5   読者数 2.3
過剰な資本の末路と、大転換の未来: なぜ歴史は「矛盾」を重ねるのか
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 先進国の過剰と途上国の欠乏
第2章 近代以降における合理主義の確立と限界
第3章 科学革命が引き起こした株式資本主義の誕生
第4章 なぜ先進国は集中的に富を得ることができたのか
第5章 白日のもとに露呈する近代の限界と矛盾
第6章 帝国のイデオロギーであるグローバリゼーション
第7章 利潤率の上昇につながらない二一世紀の帝国
第8章 超低金利時代は成長が終わった証

<水野 和夫の本>