いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

終わりなき危機 君はグローバリゼーションの真実を見たか

著者:水野 和夫 
出版社:日本経済新聞出版社
単行本:536ページ
発売日:2011-09-06
分類: 経済学 
キーワード: グローバリゼーション  真実 
評価 3.7   読者数 2.7
終わりなき危機 君はグローバリゼーションの真実を見たか
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 陸と海のたたかい―地理的・物的空間と電子・金融空間
  • 九・一一、九・一五、そして三・一一の意味するもの―近代の終焉
  • 何のための、誰のための景気回復か ほか
第2章 成長神話と米国幻想―「成長」自身が「収縮」をもたらす
  • 一九七四年になにが起きたのか
  • 「過剰」な近代 ほか
第3章 ヨーロッパ史と世界史の融合は可能か―「長い一六世紀」を超える二一世紀の衝撃
  • 二一世紀のグローバリゼーションは過去とどこが違うのか
  • 賃金下落をもたらす「利潤革命」 ほか
第4章 「技術進歩教」神話の崩壊とヨーロッパ史の終わり―「膨張」のヨーロッパ史と「定常」の日本史
  • 新興国インフレと先進国デフレ
  • 欧米近代資本主義の「全地球化」の矛盾と限界 ほか

<新聞書評>

<水野 和夫の本>