いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

地球外生命 9の論点

著者:立花 隆  佐藤 勝彦  長沼 毅  皆川 純  菅 裕明  山岸 明彦  重信 秀治  小林 憲正  大石 雅寿  佐々木 晶  田村 元秀 
レーベル: ブルーバックス
出版社:講談社
新書:256ページ
発売日:2012/06/21
価格:1760円
分類: 宇宙学・天文学 
キーワード: 地球外  生命  論点 
評価 3.5   読者数 2.7
地球外生命 9の論点
       

<マイリスト>

<目次>

「科学」になった地球外生命(佐藤勝彦)
第1部 地球外生命がいるとしたら、それはどのような生物か(極限生物に見る地球外生命の可能性(長沼毅)
光合成に見る地球の生命の絶妙さ(皆川純))
第2部 生命が誕生し、繁栄するには何が必要なのか(RNAワールド仮説が意味するもの(菅裕明)
生命は意外に簡単に誕生した(山岸明彦)
共生なくしてわれわれはなかった(重信秀治))
第3部 宇宙には生命誕生の条件はどれだけあるのか(生命の材料は宇宙から来たのか(小林憲正)
世界初の星間アミノ酸検出への課題(大石雅寿))
第4部 宇宙空間に生命を探す(太陽系内に生命の可能性を探す(佐々木晶)
宇宙には「地球」がたくさんある(田村元秀))
いまわれわれはどのような地点にいるのか(立花隆)

<立花 隆の本>

<佐藤 勝彦の本>

<長沼 毅の本>