いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

相対性理論から100年でわかったこと

著者:佐藤 勝彦 
レーベル: PHPサイエンス・ワールド新書
出版社:PHP研究所
新書:254ページ
発売日:2010-09-18
分類: 量子物理学 
キーワード: 相対性理論 
評価 3.6   読者数 2.6
相対性理論から100年でわかったこと
       

<マイリスト>

<目次>

1 相対性理論と量子論
  • 曲がる空間、遅れる時間―相対性理論の世界
  • もっとも美しい理論―相対性理論の意義と魅力
  • 居場所も未来もふらふら―量子論の世界
  • 「無」は完全なる無にあらず―量子論の意義と魅力
  • 二大理論の融合は可能か―相対性理論と量子論の将来
2 素粒子論と宇宙論
  • ミクロへ、さらにミクロへ―素粒子論の世界
  • 「神様の意地悪」に隠された真理―素粒子論の魅力と将来
  • 創世神話から科学的宇宙観へ―宇宙論の世界
  • 宇宙は薄膜?無数の宇宙?―宇宙論の魅力と将来

<佐藤 勝彦の本>