いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

演劇 vs. 映画――ドキュメンタリーは「虚構」を映せるか

著者:想田 和弘 
出版社:岩波書店
単行本(ソフトカバー):224ページ
発売日:2012-10-20
分類: ノンフィクション  演劇 
キーワード: 演劇  映画  ドキュメンタリー  虚構 
評価 3.5   読者数 2.3
演劇 vs. 映画――ドキュメンタリーは「虚構」を映せるか
       

<マイリスト>

<目次>

第1幕 映画『演劇』に至る道
第2幕 「ありのまま」の入れ子構造
第3幕 編集で紡ぎ出される「リアル」
第4幕 観察映画が四つに組んだ「過剰さ」―対談 宇多丸(ライムスター)
第5幕 虚構を支える技術―鼎談 岩城保、杉山至
第6幕 俺、こんなには働いてないでしょう?―対談 平田オリザ
第7幕 青年団で演じる―座談会
第8幕 この仕事が好きなわけ―対談 岡田利規

<想田 和弘の本>