いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

街場の憂国会議 日本はこれからどうなるのか (犀の教室)

著者:内田樹  小田嶋隆  想田和弘  高橋源一郎  中島岳志  中野晃一  平川克美  孫崎享  鷲田清一 
出版社:晶文社
単行本:312ページ
発売日:2014-05-01
分類: ノンフィクション  政治入門  日本の政治 
キーワード: 街場  日本 
評価 3.6   読者数 2.8
街場の憂国会議 日本はこれからどうなるのか (犀の教室)
       

<マイリスト>

<目次>

株式会社化する国民国家(内田樹)
「気分」が作る美しい国ニッポン(小田嶋隆)
安倍政権による「民主主義の解体」が意味するもの(想田和弘)
安倍さん(とお友だち)のことば(高橋源一郎)
空気と忖度のポリティクス―問題は私たちの内側に存在する(中島岳志)
国民国家の葬式を誰が出すのか(中野晃一)
オレ様化する権力者とアノニマスな消費者(平川克美)
戦後最も危険な政権―安倍政権研究(孫崎享)
フォロワーシップの時代―「経世済民」を担うのはだれか?(鷲田清一)

<新聞書評>

<内田樹の本>

<小田嶋隆の本>

<想田和弘の本>

<高橋源一郎の本>

<中島岳志の本>

<平川克美の本>

<孫崎享の本>

<鷲田清一の本>