いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

観察する男 映画を一本撮るときに、 監督が考えること

著者:想田和弘 
出版社:ミシマ社
単行本(ソフトカバー):264ページ
発売日:2016-01-22
分類: ノンフィクション  演劇  日本映画 
キーワード: 観察    映画  監督 
評価 3.7   読者数 2.3
観察する男 映画を一本撮るときに、 監督が考えること
       

<マイリスト>

<目次>

1 第1回取材(撮影前)取材日:2013年11月2日@世田谷美術館(舞台はなぜここなのか?)
2 第2回取材(撮影後・編集前)取材日:2013年12月10日@麹町ヴェローチェ
  • 誰に密着するのか?
  • 登場人物を増やすか?
  • どうすれば「映画」になるのか?
3 第3回取材(ログ起こしの途中)取材日:2014年4月15日@上野カフェラミル
  • 何でどう撮るのか?
  • 編集の目的は何か?
  • どうすれば監督になれるのか?
  • 生計をどう立てるのか?
  • 映画づくりにとって、何がムダか?
4 第4回取材(編集完了後)取材日:2015年4月30日NYとのスカイプにて
  • 何を残し、何をカットするのか?
  • 編集の基準は何か?
  • 「何の」映画なのか?
  • 被写体には観せるのか?
5 第5回取材(ロカルノ映画祭招待)取材日:2015年7月22日NYとのスカイプにて(映画祭ではどうすれば上映されるのか?)

<新聞書評>

<想田和弘の本>