いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ナショナリズムの昭和

著者:保阪 正康 
出版社:幻戯書房
単行本:715ページ
発売日:2016-10-21
分類: 昭和・平成  日本史一般 
キーワード: ナショナリズム  昭和 
評価 3.2   読者数 2.0
ナショナリズムの昭和
       

<マイリスト>

<目次>

集団の記憶と一人の記録
1 敗戦‐講和
  • 玉音放送
  • 二の次の「人間宣言」 ほか
2 昭和前期/二・二六事件
  • 昭和十五年の位相
  • 「一体化」を促した『国体の本義』 ほか
3 新統制派/太平洋戦争
  • 橋本欣五郎の『第二の開闢』
  • 八紘一宇の顕現 ほか
4 戦後‐現在
  • 朝日新聞の戦後八月十五日付社説
  • 六〇年安保闘争と敗戦以前の共通項 ほか
私と「ナショナリズム」の出会い

<新聞書評>

<保阪 正康の本>