いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

先生、カエルが脱皮してその皮を食べています! 鳥取環境大学の森の人間動物行動学

著者:小林 朋道 
出版社:築地書館
単行本(ソフトカバー):200ページ
発売日:2010-04-17
分類: 動物学 
キーワード: 先生  カエル    鳥取  環境  大学    人間  動物行動学 
評価 3.8   読者数 2.9
先生、カエルが脱皮してその皮を食べています! 鳥取環境大学の森の人間動物行動学
       

<マイリスト>

<目次>

ヒキガエルも脱皮する、そして皮を食べるのだ―実はアカハライモリもそうだった
ヤギの脱走と講義を両立させる方法―驚きや意外性は生存や繁殖に有利に働く
海辺のスナガニにちょっと魅せられて―砂浜に残された動物たちのサインを読む
カラスよ、それは濡れ衣というものだ!―子ガラスを助けたのに親鳥に怒られた話
春の田んぼでホオジロがイタチを追いかける!―被食動物が捕食動物に対して行なう防衛的行動のお話
NHKのスタジオのテーブルの上を歩きまわった三匹のイモリ―私は“ラジオキャスターのプロ精神”を感じた
ペガサスのように柵を飛び越えて逃げ出すヤギの話―頼むからこれ以上私を苦しめないでおくれ

<小林 朋道の本>