いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

先生、シマリスがヘビの頭をかじっています! 「鳥取環境大学」の森の人間動物行動学

著者:小林 朋道 
出版社:築地書館
単行本(ソフトカバー):208ページ
発売日:2008-10-02
分類: 動物学 
キーワード: 先生  リス  ヘビ    鳥取  環境  大学    人間  動物行動学 
評価 3.8   読者数 3.2
先生、シマリスがヘビの頭をかじっています! 「鳥取環境大学」の森の人間動物行動学
       

<マイリスト>

<目次>

イノシシ捕獲大作戦―人間動物行動学から見た“尊敬”の意味
駅前広場にヤギを放しませんか?―狩猟採集人の心が駅前通りをデザインする!
駅前に残された“ニオイづけ”はタヌキの溜め糞?―スプレーで描かれたサインの動物行動学的意味
餌は目で、ヘビはニオイで察知するヤギ部のヤギコ―Iくん・Nくんの野望と私の密かな実験
飼育箱を脱走して90日間生きぬいたヘビの話―何がヘビを救ったか?
シマリスは、ヘビの頭をかじる―私が出会った愛すべきシマリスたち
イモリ、1500メートルの高山を行く―そのアカハライモリは低地のアカハライモリとはかなり違っていた
ナガレホトケドジョウを求めて谷を登る懲りない狩猟採集人―そして私の研究室の机の周りは要塞になった
1万円札をプレゼントしてくれたアカネズミ―そのネズミは少し変わった小さな島の住人だった
野外実習の学生たちを“串刺し”に走りぬけていった雌雄のテン―どの動物も雄はけなげである
自分で主人を選んだイヌとネコ―動物たちの豊かな内面を認識すべきとき

<小林 朋道の本>