いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

夜戦と永遠 フーコー・ラカン・ルジャンドル

著者:佐々木 中 
出版社:以文社
単行本:664ページ
発売日:2008-11-07
分類: ノンフィクション  西洋思想  論文・評論・講演集 
キーワード: 永遠 
評価 3.9   読者数 2.7
夜戦と永遠 フーコー・ラカン・ルジャンドル
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 ジャック・ラカン、大他者の享楽の非神学
  • 何故の難解さか
  • “鏡”という装置―ナルシスに囁くエコー ほか
第2部 ピエール・ルジャンドル、神話の厨房の匂い
  • 「彼らは戻って来る。刃を携えて」―ルジャンドルとは誰か
  • “鏡”の策略―政治的愛と「ドグマ」の意味 ほか
第3部 ミシェル・フーコー、生存の美学の此岸で
  • 「権力と戦略」
  • フーコーの「転回」―「アッティカ刑務所について」と「真理と裁判形態」 ほか
結論に代えて 可視性と言表可能性、そして「賽の一擲」

<別版>

<佐々木 中の本>