いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

足ふみ留めて---アナレクタ? (アナレクタ 1)

著者:佐々木 中 
出版社:河出書房新社
単行本:224ページ
発売日:2011-03-16
分類: 思想  哲学 
キーワード:  
評価 3.6   読者数 2.5
足ふみ留めて---アナレクタ? (アナレクタ 1)
       

<マイリスト>

<目次>

「生存の美学」の此岸で
「永遠の夜戦」の地平とは何か

政治的霊性
生への侮蔑、「死の物語」の反復―この小説は文学的に間違っている
“磯崎的世界”の盤石と動揺―書評・磯崎憲一郎著『世紀の発見』
終わらない、と彼は言った
この世界における別の生―霊性・革命・芸術
魔魅に見える
自己の死をいかに死ぬか
暴力の現在―自然発生性とスローガン(討議者:市田良彦・〓(すが)秀実・長原豊)
自分の小説観を変えた3冊
真に死に切る
ONCE AGAINが革命だ(対談者:宇多丸×佐々木中・佐々木敦(司会))
足ふみ留めて
良書、しかし前提するところ多く屈折を孕む―書評・ポール・ヴェーヌ著『フーコー』
狂おしい影を滲ませた陽光の旅の記録へ―書評・野崎歓著『異邦の香り』

<佐々木 中の本>