いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

謎のアジア納豆: そして帰ってきた〈日本納豆〉

著者:高野 秀行 
レーベル: 新潮文庫
出版社:新潮社
文庫:509ページ
発売日:2020/05/28
価格:990円
評価 4.1   読者数 3.1
[ベスト1000冊]
謎のアジア納豆: そして帰ってきた〈日本納豆〉
       

<マイリスト>

<目次>

プロローグ 日本は納豆後進国なのか?
納豆は外国のソウルフードだった!?―チェンマイ/タイ
納豆とは何か
山のニューヨークの味噌納豆―チェントゥン/ミャンマー
火花を散らす納豆ナショナリズム―タウンジー/ミャンマー
幻の竹納豆を追え!―ミッチーナ/ミャンマー
アジア納豆は日本の納豆と同じなのか、ちがうのか
日本で『アジア納豆』はできるのか―長野県飯田市
女王陛下の納豆護衛隊―パッタリ/ネパール
日本納豆の起源を探る―秋田県南部
元・首狩り族の納豆汁―ナガ山地/ミャンマー
味噌民族vs.納豆民族―中国湖南省
謎の雪納豆―岩手県石和賀町
納豆の起源

<新聞書評>

<ブログ等>

<別版>

<高野 秀行の本>