いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

みみずくは黄昏に飛びたつ: 川上未映子 訊く/村上春樹 語る

著者:川上 未映子  村上 春樹 
レーベル: 新潮文庫
出版社:新潮社
文庫:469ページ
発売日:2019/11/28
価格:825円
分類: 論文集・講演集・対談集 
キーワード: みみずく  黄昏  川上  村上  春樹 
評価 4.0   読者数 3.4
みみずくは黄昏に飛びたつ: 川上未映子 訊く/村上春樹 語る
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 優れたパーカッショニストは、一番大事な音を叩かない
  • 朗読会の思い出
  • 「語りかけ」の変化 ほか
第2章 地下二階で起きていること
  • タイトルと人称はどのように決まる?
  • 「悪」の形が変わったような気がする ほか
第3章 眠れない夜は、太った郵便配達人と同じくらい珍しい
  • 文章さえ変わり続けていけば、恐れることはない
  • 『ノルウェイの森』幻のシナリオ ほか
第4章 たとえ紙がなくなっても、人は語り継ぐ
  • 日記は残さず、数字は記録する
  • まずは適当に書き飛ばせばいい ほか
付録 文庫版のためのちょっと長い対談
  • 濃厚すぎる二年間ですね
  • ガラパゴスとか、パリとか、村上RADIOとか ほか

<新聞書評>

<別版>

<川上 未映子の本>

<村上 春樹の本>