いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

10万個の子宮:あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか

著者:村中 璃子 
出版社:平凡社
単行本:272ページ
発売日:2018-02-09
分類: ノンフィクション  暮らし・健康・子育て 
キーワード: 子宮  がん  反応 
評価 3.9   読者数 2.7
紹介:橘玲 
10万個の子宮:あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか
         

<マイリスト>

<目次>

序章 並べられた子どもたち
  • 車椅子の少女たち
  • ワクチンの来歴 ほか
第1章 子宮頸がんワクチン問題とは何か
  • 「やりたかったことを奪われた」少女ばかり
  • 口に出せなくなった大多数の医師たちの考え ほか
第2章 サイエンスが暴いた捏造
  • 名古屋市の調査結果と、メディアの曲解
  • 3・16池田班発表の衝撃 ほか
第3章 子宮頸がんワクチン問題の社会学
  • 科学を伝える
  • 「ウェイクフィールド事件」と反知性主義
終章 母と子
  • それでも魔法を信じたい
  • 緑色のダッフルを着た少女の足と手 ほか

<新聞書評>