いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

禁断の市場 フラクタルでみるリスクとリターン

著者:ベノワ・B・マンデルブロ  リチャード・L・ハドソン 
出版社:東洋経済新報社
単行本:429ページ
発売日:2008-06-06
分類: 金融・ファイナンス  証券・金融市場 
キーワード: 禁断  市場  リスク 
評価 3.5   読者数 2.9
紹介:橘玲 
禁断の市場 フラクタルでみるリスクとリターン
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 たどってきた道
  • リスクとリターン―金融工学は、リスクを過小評価するような都合の良い仮定に基づいて構築されている!
  • 運を決めるのは、サイコロか、弓矢か?―金融市場における例外的な事象を確率的に正しく扱う方法
  • バシェリエの功績―100年前、運を逃した天才フランス人数学者によって金融市場の研究は始まった ほか
第2部 新たな道
  • 市場の乱流 はじめに―フラクタルの視点で見る市場 金融市場は水や空気の乱流と似ている
  • 凸凹の研究 フラクタル入門―フラクタル幾何学の視点 市場価格変動のチャートと羊歯の葉の類似性
  • 綿花価格のミステリー―フラクタルの概念はマンデルブロによる綿花価格の解析から生まれた ほか
第3部 これからの道
  • 禁断の金融10ヵ条―市場の本当の姿 フラクタルの視点からの教訓
  • 実験室にて―フラクタルは、金融の世界をこれからどのように変えていくのか?

<ブログ等>