いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

社会心理学講義:〈閉ざされた社会〉と〈開かれた社会〉 (筑摩選書)

著者:小坂井 敏晶 
出版社:筑摩書房
単行本(ソフトカバー):416ページ
発売日:2013-07-18
分類: 社会学概論  社会心理学 
キーワード: 社会 
評価 4.0   読者数 2.9
紹介:出口治明  山口周 
社会心理学講義:〈閉ざされた社会〉と〈開かれた社会〉 (筑摩選書)
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 社会心理学の認識論
  • 科学の考え方
  • 人格論の誤謬
  • 主体再考
  • 心理現象の社会性
第2部 社会システム維持のパラドクス
  • 心理学のジレンマ
  • 認知不協和理論の人間像
  • 認知不協和理論の射程
  • 自由と支配
第3部 変化の謎
  • 影響理論の歴史
  • 少数派の力
  • 変化の認識論
第4部 社会心理学と時間
  • 同一性と変化の矛盾
  • 日本の西洋化
  • 時間と社会

<ブログ等>

<小坂井 敏晶の本>