いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

著者:尾原 和啓 
出版社:ダイヤモンド社
単行本(ソフトカバー):232ページ
発売日:2018-04-19
分類: ビジネスライフ  経営学・キャリア・MBA  趣味・実用  人生論・教訓 
キーワード: どこ    会社  仕事  転職  ルール 
評価 3.8   読者数 3.4
どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから
       

<マイリスト>

<目次>

はじめに いま起きている3つの大きな変化
  • 社会やビジネスが、いっそうインターネット化する
  • これから仕事で活躍できるのは、プロフェッショナルだけになる ほか
第1章 どこでも誰とでも働ける仕事術
  • 自分からギブすることがインターネット時代の大前提
  • 自分がもつ知識はできる限りオープンにしたほうが得をする ほか
第2章 人生100年時代の転職哲学
  • 会社を辞めるつもりはなくても転職活動は毎年する
  • 「いつでも辞められる」から最高のパフォーマンスを発揮できる ほか
第3章 AI時代に通用する働き方のヒント
  • 楽天が教えてくれたAIに負けない働き方
  • 自分の“好き”の市場価値が問われるようになる ほか
おわりに 『やっぱりおおかみ』とゲゼルシャフト

<尾原 和啓の本>