いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

静かなる革命へのブループリント: この国の未来をつくる7つの対話

著者:宇野 常寛  猪子 寿之  落合 陽一  尾原 和啓  門脇 耕三  駒崎 弘樹  根津 孝太  吉田 浩一郎 
出版社:河出書房新社
単行本(ソフトカバー):224ページ
発売日:2014-06-25
分類: ノンフィクション  社会と文化  社会一般  社会学概論 
キーワード: 静か  革命    未来  対話 
評価 3.6   読者数 2.7
静かなる革命へのブループリント: この国の未来をつくる7つの対話
       

<マイリスト>

<目次>

1 根津孝太―産業とデザイン クルマと戦後社会のアップデート―社会を変えるプロダクト・デザイン
2 吉田浩一郎―これからの働き方 フリーランスに年収500万円を保証する―クラウドソーシングが変える労働と社会保障
3 駒崎弘樹―政治と社会運動 デモと選挙の中間に、政治を変える方法が―ロビイング2・0と社会企業の可能性
4 門脇耕三―建築と都市開発 2020年・東京デュアルシティ化計画―メガシティの分断が生む新しい公共性
5 猪子寿之―アートとサブカルチャー 人類の「美意識」を更新する―日本画とスーパーマリオをつなぐ美の逆転
6 尾原和啓―ITビジネス 21世紀の人類は「日本化」する―日本的インターネットが予見する未来の市民社会
7 落合陽一―メディアとテクノロジー “虚構の時代”から“魔法の時代”へ―現代の魔術師の導くパラダイム・シフト

<宇野 常寛の本>

<落合 陽一の本>

<尾原 和啓の本>

<駒崎 弘樹の本>