いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人に訊きたい―――正義という共同幻想がもたらす本当の危機

著者:森 達也 
出版社:ダイヤモンド社
単行本(ソフトカバー):384ページ
発売日:2013-08-23
分類: コミュニティ  ノンフィクション  社会一般  社会学概論 
キーワード: 自分  子ども    正義  本当  危機 
評価 3.6   読者数 3.1
「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人に訊きたい―――正義という共同幻想がもたらす本当の危機
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 「殺された被害者の人権はどうなる」このフレーズには決定的な錯誤がある
第2章 善意は否定しない、でも何かがおかしい
第3章 「奪われた想像力」がこの世界を変える
第4章 厳罰化では解決できないこの国を覆う「敵なき不安」
第5章 そして共同体は暴走する

<新聞書評>

<別版>

<森 達也の本>