いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

グローバリズムが世界を滅ぼす (文春新書)

著者:エマニュエル トッド  柴山 桂太  中野 剛志  藤井 聡  堀 茂樹  ハジュン チャン 
出版社:文藝春秋
単行本:246ページ
発売日:2014-06-20
分類: 各国経済事情  世界 
キーワード: グローバリズム  世界 
評価 3.8   読者数 2.9
グローバリズムが世界を滅ぼす (文春新書)
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 グローバリズムが世界を滅ぼす
第2部 グローバル資本主義を超えて(トータリズム(全体主義)としてのグローバリズム
新自由主義の失敗と資本主義の未来
歴史は繰り返す?―第二次グローバル化の未来
国家の多様性とグローバリゼーションの危機―社会人類学的視点から
新自由主義と保守主義)
第3部 自由貿易とエリートの劣化

<エマニュエル トッドの本>

<柴山 桂太の本>

<中野 剛志の本>

<藤井 聡の本>