いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

日本破滅論 (文春新書)

著者:藤井 聡  中野 剛志 
出版社:文藝春秋
単行本:262ページ
発売日:2012-08-01
分類: ノンフィクション  社会学概論  日本論 
評価 3.8   読者数 2.8
日本破滅論 (文春新書)
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 大震災を食う―危機論
  • 東日本大震災から見えてきたもの
  • 日本人は震災を「食った」か ほか
第2章 学者・官僚・メディアの嘘―パラダイム論
  • 震災復興は「もったいない」
  • 朝日新聞の本音と建前 ほか
第3章 新幹線と失われた20年―物語論
  • 東海道新幹線の物語
  • 「はやぶさ」が仕分けられないために ほか
第4章 沈黙のらせんを絶て―政治論
  • 「ぶれない政治」の危うさ
  • 国民は官僚主導を望んでいる? ほか
第5章 マクド経済学が世界を蝕む―経済論
  • リーマン・ショックは経済学も吹き飛ばした
  • 失われた経世済民の志 ほか

<藤井 聡の本>

<中野 剛志の本>