いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

「天皇機関説」事件

著者:山崎 雅弘 
レーベル: 集英社新書
出版社:集英社
新書:256ページ
発売日:2017-04-14
分類: 昭和・平成  日中・太平洋戦争  日本史一般 
キーワード: 天皇  事件 
評価 4.0   読者数 2.5
「天皇機関説」事件
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 政治的攻撃の標的となった美濃部達吉
  • 貴族院の菊池武夫が口火を切った美濃部攻撃
  • 美濃部攻撃の陰の仕掛け人・蓑田胸喜 ほか
第2章 「天皇機関説」とは何か(天皇機関説と天皇主権説(天皇神権説)
上杉慎吉と美濃部達吉の「機関説」論争 ほか)
第3章 美濃部を憎んだ軍人と右派の政治活動家
  • 「陸軍パンフレット」に対する美濃部の批判
  • 軍人勢力各派は「機関説問題」にどう反応したか ほか
第4章 「国体明徴運動」と日本礼賛思想の隆盛
  • 次第に追い詰められた岡田啓介首相
  • 急激に力を持ち始めた「国体」というマジックワード ほか
第5章 「天皇機関説」の排撃で失われたもの
  • 窮地に立った岡田内閣と第二次国体明徴声明
  • 天皇機関説事件から二・二六事件へと通じた道 ほか

<新聞書評>

<山崎 雅弘の本>