いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

学校ってなんだ! 日本の教育はなぜ息苦しいのか

著者:工藤 勇一  鴻上 尚史 
レーベル: 講談社現代新書
出版社:講談社
新書:272ページ
発売日:2021/08/18
価格:990円
キーワード: 学校  日本  教育 
評価 4.3   読者数 2.8
[ベスト1000冊]
学校ってなんだ! 日本の教育はなぜ息苦しいのか
       

<マイリスト>

<目次>

はじめに(鴻上尚史)
第1章 学校が抱える問題
  • 校則に悩む女性教師からの相談
  • ブラック校則問題は、一部にすぎない ほか
第2章 自律をさせない日本の学校
  • 「国や社会を変えられると思う」は一八・三%
  • 「私なんて」―自己肯定感の低さ ほか
第3章 同質性への違和感
  • 日本独特の「みんな同じ」
  • 山形での教員時代 ほか
第4章 対話する技術
  • 「絆」と「団結」が目標になってしまう
  • 対話が苦手な日本人 ほか
おわりに(工藤勇一)

<工藤 勇一の本>

<鴻上 尚史の本>