いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

学校の「当たり前」をやめた。 ― 生徒も教師も変わる! 公立名門中学校長の改革 ―

著者:工藤 勇一 
出版社:時事通信社
単行本:200ページ
発売日:2018-12-01
分類: 教育学  校長  社会・政治 
キーワード: 学校  当たり前  生徒  教師  名門  中学  校長  改革 
評価 4.2   読者数 3.3
[ベスト1000冊]
受賞:ビジネス書グランプリ10位 
学校の「当たり前」をやめた。 ― 生徒も教師も変わる!  公立名門中学校長の改革 ―
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 目的と手段の観点からスクラップ(見直し)する
  • 宿題―ただ「こなす」だけになっていませんか
  • 定期考査―成績を「ある時点」で確定させることに意味はない ほか
第2章 「手段の目的化」―学校教育の問題
  • 学校は何のためにあるのか
  • 学習指導要領は何のためにあるのか ほか
第3章 新しい学校教育の創造
  • 未来を生きる子どもたちに必要な力
  • 社会とシームレスな問題解決型カリキュラムづくり ほか
第4章 「当たり前」を徹底的に見直す学校づくり
  • 現状の課題を教員と共にリスト化し解決
  • 「対立」とどう向き合うか ほか
第5章 私自身が思い描く、学校教育の新しいカタチ
  • 「早く大人になりたい」子どもを育てたい
  • 選択を狭くするほど、その先の選択肢は広がる ほか

<新聞書評>

<工藤 勇一の本>