いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

宇宙に「終わり」はあるのか 最新宇宙論が描く、誕生から「10の100乗年」後まで

著者:吉田 伸夫 
レーベル: ブルーバックス
出版社:講談社
新書:288ページ
発売日:2017-02-15
分類: 宇宙学・天文学 
キーワード: 宇宙  最新  宇宙論  誕生 
評価 3.8   読者数 2.7
宇宙に「終わり」はあるのか 最新宇宙論が描く、誕生から「10の100乗年」後まで
         

<マイリスト>

<目次>

第1部 過去編
  • 不自然で奇妙なビッグバン―始まりの瞬間
  • 広大な空間、わずかな物質―宇宙暦10分まで
  • 残光が宇宙に満ちる―宇宙暦100万年まで
  • 星たちの謎めいた誕生―宇宙暦10億年まで
  • そして「現在」へ―宇宙暦138億年まで
第2部 未来編(銀河壮年期の終わり―宇宙暦数百億年まで;消えゆく星、残る生命―宇宙暦1兆年まで;第二の「暗黒時代」―宇宙暦100兆年まで;怪物と漂流者の宇宙―宇宙暦1垓(10)年まで
虚空へ飛び立つ素粒子―宇宙暦1正(10)年まで
ビッグウィンパーとともに―宇宙暦10年、それ以降
不確かな未来と確かなこと―残された謎と仮説)

<ブログ等>

<吉田 伸夫の本>