いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

光の場、電子の海―量子場理論への道 (新潮選書)

著者:吉田 伸夫 
出版社:新潮社
単行本:255ページ
発売日:2008-10-01
分類: 量子物理学 
キーワード:     電子    理論   
評価 4.0   読者数 2.6
光の場、電子の海―量子場理論への道 (新潮選書)
       

<マイリスト>

<目次>

序章 原子と場―19世紀物理学の到達点
第1章 粒子としての光―アインシュタイン
第2章 原子はなぜ崩壊しないのか―ボーア
第3章 波動力学の興亡―ド・ブロイとシュレディンガー
第4章 もう1つの道―ハイゼンベルク・ボルン・ヨルダン
第5章 光の場―ディラック
第6章 電子の海―ディラックとパウリ
第7章 量子場の理論―ヨルダン・パウリ・ハイゼンベルク
第8章 くりこみの処方箋―朝永・シュウィンガー・ファインマン
終章 標準模型―20世紀物理学の到達点

<吉田 伸夫の本>