いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講

著者:泉谷 閑示 
レーベル: 講談社現代新書
出版社:講談社
新書:264ページ
発売日:2006-10-21
分類: ストレス・心の病気  心理学  心理学入門 
キーワード: 普通    自分 
評価 4.0   読者数 3.4
「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講
       

<マイリスト>

<目次>

第1講 不幸印のギフト―病・苦しみの持つメッセージ
第2講 言葉の手垢を落とす
第3講 失楽園―人間の苦しみの起源
第4講 捻じ曲げられる人間―コントロールという病
第5講 精神の成熟過程―駱駝・獅子・小児
第6講 愛と欲望
第7講 内なる太陽―自家発電する愛
第8講 生きているもの・死んでいるもの
第9講 小径を行く―マイノリティを生きる
第10講 螺旋の旅路―自分を求め、自分を手放す

<泉谷 閑示の本>