いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

反教育論 猿の思考から超猿の思考へ

著者:泉谷 閑示 
レーベル: 講談社現代新書
出版社:講談社
新書:240ページ
発売日:2013-02-15
分類: 教育学  心理学  哲学・思想 
キーワード: 教育論    思考 
評価 3.7   読者数 2.7
反教育論 猿の思考から超猿の思考へ
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 真の思考とは何か
  • 「考える」ということ
  • 「記憶力が良い」のは「頭が良い」ことではない ほか
第2章 われわれの内なるオオカミとサル
  • 『哲学者とオオカミ』
  • オオカミの世界 ほか
第3章 「教育」に潜む根本的問題
  • 人間には「教育」が必要という思い込み
  • 「教育」は人間を信頼しているか ほか
第4章 「正しい子育て」が子供をダメにする
  • 「良い学習環境」は本当に必要か?
  • 「あとで苦労しないために」という考え方の間違い ほか
第5章 超猿の思考
  • 「猿の思考」からの脱却
  • 「習う」から「盗む」へ ほか

<泉谷 閑示の本>

<こちらの本も見られています>