いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

陰謀の日本中世史

著者:呉座 勇一 
レーベル: 角川新書
出版社:KADOKAWA
新書:344ページ
発売日:2018/03/09
分類: 鎌倉  日本史一般 
キーワード: 陰謀  日本  中世史 
評価 3.6   読者数 3.2
受賞:新書大賞3位 
紹介:斎藤美奈子  出口治明 
陰謀の日本中世史
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 貴族の陰謀に武力が加わり中世が生まれた
第2章 陰謀を軸に『平家物語』を読みなおす
第3章 鎌倉幕府の歴史は陰謀の連続だった
第4章 足利尊氏は陰謀家か
第5章 日野富子は悪女か
第6章 本能寺の変に黒幕はいたか
第7章 徳川家康は石田三成を嵌めたのか
終章 陰謀論はなぜ人気があるのか?

<新聞書評>

<呉座 勇一の本>