いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

今のアメリカがわかる映画100本

著者:町山 智浩 
出版社:サイゾー
単行本(ソフトカバー):350ページ
発売日:2017-08-31
分類: 映画論・映像論  演劇  外国映画 
キーワード:   アメリカ  映画 
評価 3.6   読者数 2.5
今のアメリカがわかる映画100本
       

<マイリスト>

<目次>

『告発のとき』イラク帰還兵はなぜ殺されたのか?
『アメリカン・ギャングスター』マフィアを出し抜いた黒人麻薬王
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』ソ連を崩壊させたエロ議員と有閑マダム
『君のためなら千回でも』凧に託されたアフガン難民の願い
『JUNO/ジュノ』10代の妊娠コメディは何が間違っていたのか?
『バーチ通り51番地』『クレイジー・ラブ』自分を盲目にした男のプロポーズを受けた美女
『ハロルド&クマー/グアンタナモからの脱出』ハリウッドが認めたアジア系ヒーローって?
『WALL・E/ウォーリー』ハリウッドは金融危機をどう生き延びるか?
『I.O.U.S.A.』史上最悪の借金地獄でアメリカ大ピンチ!
『ゴンゾ/ハンター・S・トンプソンの生涯と作品』アメリカを愛しすぎた伝説の“愚か者”〔ほか〕

<町山 智浩の本>