いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

世界とつながるハプスブルク帝国: 海軍・科学・植民地主義の連動

著者:大井 知範 
出版社:彩流社
単行本:310ページ
発売日:2016-10-14
価格:3996円
分類: ヨーロッパ史一般 
キーワード: 世界  ハプスブルク  帝国  海軍  科学 
世界とつながるハプスブルク帝国: 海軍・科学・植民地主義の連動
       

<マイリスト>

<目次>

序章
第1章 世界遠征の開始
第2章 植民地獲得政策―世界遠征から拠点植民地構想へ
第3章 言説とイデオロギー―ノヴァラ号遠征と「植民地なき植民地主義」
第4章 科学―ノヴァラ号遠征と西洋科学
第5章 アジア太平洋―ノヴァラ号遠征以後の海外世界とのつながり
第6章 海軍の展開―20世紀初頭の東アジア常駐海軍
終章

<新聞書評>