いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

〈日中戦争〉とは何だったのか:複眼的視点

出版社:ミネルヴァ書房
単行本:416ページ
発売日:2017-09-30
分類: 日中・太平洋戦争  日本史一般 
〈日中戦争〉とは何だったのか:複眼的視点
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 戦前
  • 北伐と日中反共提携構想―田中義一・蒋介石会談をめぐる考察
  • 全面戦争前夜における日中関係―緩衝勢力の位置づけを中心に(一九三三‐一九三五年)
第2部 戦争期
  • 石射猪太郎と日中戦争
  • 田嶋栄次郎と日本軍の曲阜占領
  • 日本海軍と日中戦争 ほか
第3部 終戦から戦後へ
  • 鈴木貫太郎と日本の「終戦」
  • 戦後初期国民政府の対日講和構想―対日講和条約審議委員会を中心に
  • 村田省蔵と実業アジア主義―戦前・戦中・戦後を貫くもの ほか

<新聞書評>