いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

人類と感染症の歴史

著者:加藤 茂孝 
出版社:丸善出版
単行本(ソフトカバー):185ページ
発売日:2013/03/27
価格:2310円
分類: ノンフィクション  医学史  感染症  暮らし・健康・子育て 
キーワード: 人類  感染症  歴史 
評価 3.9   読者数 2.2
人類と感染症の歴史
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 「人は得体の知れないものに怯える」
第2章 「天然痘の根絶 人類初の勝利」―ラムセス5世からアリ・マオ・マーランまで
第3章 「ペスト」―中世ヨーロッパを揺るがせた大災禍
第4章 「ポリオ」―ルーズベルトはポリオではなかった?
第5章 「結核」―化石人骨から国民病、そして未だに
第6章 「麻疹」―天然痘と並ぶ2大感染症だった
第7章 「風疹」―母子感染による難聴の野球選手
第8章 「インフルエンザ」―人類に最後まで残る厄介な感染症
第9章 「ウエストナイルウイルス」―アレクサンダー大王の死因?
第10章 「ネットワークで感染症に備える」―今日りんごの木を植えよう