いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

感染症の世界史

著者:石 弘之 
レーベル: 角川ソフィア文庫
出版社:KADOKAWA
文庫:384ページ
発売日:2018-01-25
分類: ノンフィクション  医学史  文学・評論  暮らし・健康・子育て 
キーワード: 感染症  世界史 
評価 4.0   読者数 2.8
紹介:斎藤美奈子 
感染症の世界史
       

<マイリスト>

<目次>

序章 エボラ出血熱とデング熱―突発的流行の衝撃
  • 最強の感染症=エボラ出血熱との新たな戦い
  • 都心から流行がはじまったデング熱
第1部 二〇万年の地球環境史と感染症
  • 人類と病気の果てしない軍拡競争史
  • 環境変化が招いた感染症 ほか
第2部 人類と共存するウイルスと細菌
  • ピロリ菌は敵か味方か―胃がんの原因をめぐって
  • 寄生虫が人を操る?―猫とトキソプラズマ原虫 ほか
第3部 日本列島史と感染症の現状(ハシカを侮る後進国・日本風疹の流行を止められない日本 ほか)
終章 今後、感染症との激戦が予想される地域は?
  • 感染症の巣窟になりうる中国
  • 相つぐ食品スキャンダル ほか

<新聞書評>

<別版>

<石 弘之の本>