いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

医療現場の行動経済学: すれ違う医者と患者

著者:大竹 文雄  平井 啓 
出版社:東洋経済新報社
単行本:292ページ
発売日:2018/07/27
価格:2640円
分類: 医学  経済学入門 
キーワード: 医療  現場  行動  経済学  医者  患者 
評価 3.5   読者数 3.0
医療現場の行動経済学: すれ違う医者と患者
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 医療行動経済学とは
  • 診療現場での会話
  • 行動経済学の枠組み
  • 医療行動経済学の現状
第2部 患者と家族の意思決定
  • どうすればがん治療で適切な意思決定支援ができるのか
  • どうすればがん検診の受診率を上げられるのか
  • なぜ子宮頚がんの予防行動が進まないのか ほか
第3部 医療者の意思決定
  • なぜ一度始めた人工呼吸管理はやめられないのか―倫理は感情で動いている
  • なぜ急性期の意思決定は難しいのか
  • なぜ医師の診療パターンに違いがあるのか ほか

<新聞書評>

<ブログ等>

<大竹 文雄の本>

<こちらの本も見られています>