いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

世界システム論講義: ヨーロッパと近代世界

著者:川北 稔 
レーベル: ちくま学芸文庫
出版社:筑摩書房
文庫:262ページ
発売日:2016-01-07
分類: ヨーロッパ史一般 
キーワード: 世界  ヨーロッパ  近代 
評価 3.7   読者数 2.5
世界システム論講義: ヨーロッパと近代世界
         

<マイリスト>

<目次>

世界システムという考え方
アジアにあこがれたヨーロッパ人―大航海時代へ
キリスト教徒と香料を求めて
スペイン帝国の成立と世界システムの確立
「十七世紀の危機」
環大西洋経済圏の成立
ヨーロッパの生活革命
砂糖王とタバコ貴族
奴隷貿易の展開
だれがアメリカをつくったのか
「二重革命」の時代
奴隷解放と産業革命
ポテト飢饉と「移民」の世紀
パクス・ブリタニカの表裏
ヘゲモニー国家の変遷
結びにかえて―近代世界システムとは何であったのか

<別版>

<川北 稔の本>