いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

相対主義の極北

著者:入不二 基義 
レーベル: ちくま学芸文庫
出版社:筑摩書房
文庫:363ページ
発売日:2009-01-07
分類: 思想  哲学  認識論 
キーワード: 極北 
評価 3.9   読者数 2.6
相対主義の極北
       

<マイリスト>

<目次>

序章 「地平線と国境線」と「足の裏の影」
第1章 相対主義という考え方
第2章 プロタゴラスの人間尺度説
第3章 相対主義は自己論駁的か
第4章 アキレスと亀とルイス・キャロルの「三者関係」
第5章 相対主義とその周辺
第6章 「枠組み」の問題
第7章 「ない」よりもっと「ない」こと
第8章 「ない」ことの連鎖
第9章 相対主義と実在論の極限における一致

<別版>

<入不二 基義の本>