いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

教養としての政治学入門

レーベル: ちくま新書
出版社:筑摩書房
新書:366ページ
発売日:2019/03/06
価格:1100円
分類: 政治学  政治入門 
キーワード: 教養 
評価 3.6   読者数 2.2
教養としての政治学入門
       

<マイリスト>

<目次>

1 日本と世界
  • 日本政治 議院内閣制と政党政治―日本はいかなる政治システムの国か?
  • 行政学 公務員制度批判について考えよう
  • 地方自治 権限と財源から見た地方自治 ほか
2 歴史と思想
  • 政治理論 官僚制の思想史―デモクラシーの友か敵か?
  • 西洋政治思想史 敗戦の経験とデモクラシー―戦後日本の一つの思想的伝統
  • 日本政治外交史 戦後日本外交入門―日中国交正常化を事例に ほか
3 比較と地域
  • 比較福祉政治 生活保障システムを比較する
  • アメリカ政治 政治不信の高まりと政治的分極化
  • ヨーロッパ政治 変貌するドイツ政治 ほか